RECRUIT 採用情報

INTERVIEW

雑色店/店長
小林磨瑠菜Maruna Kobayashi
2018年 OG・OB入社

ダンク最年少店長。
お店のテーマを実現することに、チーム一丸頑張っています!

小林磨瑠菜 にとってダンクとは 本当の自分を知れる場所 だ!!

元々消極的な性格だと思っていましたが、人の前に立って話をするなどの機会をもらったことで人と話をすることが好きと感じたり、明るくなったように感じることが多いです。私自身が気づいていなかった私を知れたと感じています。

どんな学生時代だった?

高校生になり、早速アルバイトを始めました。そこのアルバイトでは楽しさを見つけられず、友達に紹介してもらいダンクの鳥貴族でアルバイトを始めました。
半年間は、人見知りな部分もあってなかなか接客の楽しさも感じることができなかったのですが、調理をしている先輩スタッフの姿がキラキラしていて私もあんな風になりたいと、サブというポジションにチャレンジさせてもらうことになりました。そこからは、自分に与えられたポジションを1人でやり切ることに達成感を感じ、楽しさが増していきました。今日の営業はこういう風にしようなど授業中にイメージしていたくらいです。笑

社員になってからのキャップ

アルバイト時代は自分が楽しいでOKだったのですが、社員になってからはその環境を作るということの難しさを知りました。見る量や角度が全然変わるということは大きかったです。今は、スタッフが楽しんでいると自分が楽しいという感覚になったので、その辺りも社員になってからの変化だと思います。
他は、私はこんなにしゃべることができるんだと知れたこと。お客さんとこんなに仲良くなれるんだと知れたこと。苦手だと思っていたホールも好きになりました。
色々とギャップはありましたが「やるしかない」と覚悟を決めたことで、知らない自分を知れたのは一番のイイギャップだったかもしれません。

入社したきっかけ

高校を卒業して、新卒で他の会社に入社をしたのですが、トリキの時の楽しさを思い出し、ダンクに入社をしました。
私がアルバイトをしていた時に店長だった田中さんについていきたいと思ったというのが最大の理由です。常に一生懸命に働きながらも仕事を楽しんでいる姿を見ていたので、この人についていきたいと思ったのだと思います。

働いていて一番嬉しかったこと

常連さんが会いに来てくださるということです。
雑色店を気に入って週に1回必ずきてくださるなど、わざわざ雑色まで足を運んで頂いていることに感謝しています。その度にもっと頑張らななきゃという気持ちやお客様から求められていると感じることができ、嬉しく思っています。

こんな人と働きたい

ポジティブに起こった出来事を転換できる人!「次は○○できます!」というような言う姿勢がある人。あとは人が好きな人。例えば、目を見て話をできる人や気持ちの良い返事ができる人、目を見て聞いてくれる人は是非一緒に働きたいです!

ENTRY エントリー