RECRUIT 採用情報

INTERVIEW

蒲田東口店/社員
玉川 菜奈Nana Tamakamwa
2018年 高校新卒

ダンクの高校新卒プログラムで勤務中!パンフレットを見てビビビと来て入社!

玉川 菜奈 にとってダンクとは 家族 だ!!

自分を見守ってくれる人たちがいる。雰囲気(心が温かい人が多いから)が温かい。周りの環境に恵まれているなと感じています。

どんな学生時代だった?

学校にはちゃんと通っていましたが、高校時代はあまり楽しくは過ごしていませんでした。あまり、自分には雰囲気が合っていなかったのかもしれません。みんなで一丸となって行動するということが少ない環境だったので、一体感というものを感じたいと考えていました。

入社したきっかけ

高校を卒業したら、就職することは決めていて、その中でも接客業をやりたいと思い探していました。ダンクのパンフレットの写真を見てビビビと来て、「ここだ!」と思って応募をしました。私は高校新卒プログラムで勤務をしているのですが、研修があるのも魅力的でした。この会社に入ったら学べると思ったのもあります。ただ、体が弱いの出来るかな、と思いましたが、やってみないとわからないと思えたことも大きかったです。

社員になってからのギャップ

学生時代にはそんなに怒られることがなかったので、言葉遣いや出勤時の服装というような細かいところまで指導してもらうようになって、驚きました。それだけ見てもらっているという驚きと、こういうことまで教えてもらえるんだという驚きです。

働いていて一番うれしかったこと

遅れて提供してしまったメニューがあり、申し訳ないな…と思っていたのですが、お帰りになられる際に「おいしかったです」と笑顔で声をかけて頂けた時にとても嬉しかったです。「おすすめは?」とお客様から伺われたので、お伝えしたのですがそのメニューをお替りして頂けた時も、お客様の想像を超えられたのかな?と思ったので嬉しかったです。日々の営業でもお客様とお話する機会が多いので、その度に毎回嬉しくなっています。

働いていて一番辛かったこと

「さっき○○を頼んだんですが、まだですか?」と聞かれた時に、申し訳ないなと思います。料理提供が遅れている…自分がお客様の立場だったら嫌だな、不安だなと思うので。鳥貴族でおもいっきり食事を楽しんで頂きたいと思うので、そのような気持ちになられてしまったら…と考えたら申し訳ないな、と思います。

こんな人と一緒に働きたい

元気で明るくて、いつも楽しそうにしている人。田中マネージャーみたいな人。笑 田中マネージャーが開店前の準備を楽しそうにしているので、何故ですか?と聞いたら「楽しいから!」と全力の笑顔で言ってくれました。その時にこっちまで元気になったので、そんな人と一緒に働きたいです。

ENTRY エントリー